さいたま 日曜日は食べつくスープ!キャンペーン

「#さいたま食べつくスープ」を
投稿して応募
真空断熱スープジャーが当たる!

作ったスープの写真をInstagramに投稿して
プレゼントキャンペーンに応募しよう!

応募方法・賞品

1

食べつくスープを作る

食べつくスープを作る

2

Instagramで
「@saitama_sunday_soup」をフォロー。
ハッシュタグ「#さいたま食べつくスープ」と
メンション「@saitama_sunday_soup」
をつけて投稿するだけ!

ハッシュタグ「#さいたま食べつくスープ」をつけて投稿

3

投稿者の中から抽選で
素敵な賞品をプレゼント!

素敵な賞品をプレゼント

日曜日は食べつくスープ!
Instagramキャンペーン

野菜などの余った食材は、全部まとめて「食べつくスープ」にして食品ロスを減らしましょう!
おうちで作ったスープの写真を、Instagramに投稿すると、「サーモス 真空断熱スープジャー」が抽選で10名様に当たります!

【応募要項】

◆応募期間:
2020年10月1日(木)~11月30日(月)

◆応募方法:
食べつくスープを作る
Instagramで「@saitama_sunday_soup」をフォロー。ハッシュタグ「#さいたま食べつくスープ」とメンション「@saitama_sunday_soup」をつけて投稿するだけ!
※お一人様何回でもご応募いただけます。ただし、同一の写真を利用して複数回投稿された場合、1件として取り扱います。

【賞 品】

サーモス 真空断熱スープジャー(JBR-400 400ml レッド)10名

【応募資格】

非公開ではないInstagramアカウントにて投稿いただいた方。日本国内にお住まいで、かつ賞品のお届け先が日本国内の方。

【当選発表】

当選者発表は当選者の方へのみダイレクトメッセージにてご連絡いたします。

【注意事項】

  • ・キャンペーン内で投稿された写真は、Instagramの「日曜日は食べつくスープ(さいたま市資源循環政策課)」アカウントや市のWEBサイト等で転載・紹介させていただく場合がございます。予めご了承ください。
  • ・抽選および当選者発表時、Instagramの「日曜日は食べつくスープ(さいたま市資源循環政策課)」アカウントをフォローされていない場合、応募は無効となります。
  • ・当選通知受信後、指定の期限までに商品お届け先情報等のお返事がない場合、当選を無効とさせていただきますのでご了承ください。その他、利用規約をご確認の上、ご応募いただきますようお願いします。
Saitama Sunday Soup
Instagramアカウントはこちら

さいたま市「日曜日は食べつくスープ!Instagramキャンペーン」応募規約

さいたま市資源循環政策課が実施する「日曜日は食べつくスープ!Instagramキャンペーン」(以下「本キャンペーン」といいます。)へ応募を希望される方は、この応募規約(以下、「本規約」といいます。)をよくお読みの上、同意される場合のみ応募してください。なお、ハッシュタグ「#さいたま食べつくスープ」及びメンション「@saitama_sunday_soup」を付けて本キャンペーンに応募された場合、本規約に同意したものとみなします。

第1条(適用)

本規約は、本キャンペーンの応募者(以下、「応募者」といいます。)と市との間の本キャンペーンに関わる一切の関係に適用されます。

第2条(応募者の投稿やデータファイル)

応募者が本キャンペーンに写真を応募した場合、Instagramの「日曜日は食べつくスープ(さいたま市資源循環政策課)」アカウント(以下、「本アカウント」といいます。)や市のWEBサイト等へ転載することに同意したものとみなします。
投稿する内容は第三者の権利を侵害するもの、公序良俗に違反した表現内容が一切含まれていないものに限ります。第三者になんらかの損害を与えた場合は、応募者は自らの責任において対応し且つ応募者がこれを補償するものとします。

第3条(禁止事項)

本キャンペーンへの応募に際しては、以下の行為を禁止します。市は、応募者が以下に該当する行為を行ったと判断した場合には、事前に通知することなく、本キャンペーンから当該応募者を対象外とするとともに、本アカウント等に転載していた場合は削除することがあります。

⑴ 本キャンペーンの運営を妨げる行為
⑵ 本規約に違反する行為
⑶ 他人に迷惑、不利益、損害、または不快感を与える行為
⑷ 他人を誹謗中傷し、またはその名誉もしくは信用を害する行為
⑸ 他人の著作権その他の知的財産権を侵害する行為
⑹ 他人の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為
⑺ 営利を目的とした情報提供、広告宣伝もしくは勧誘行為
⑻ 公序良俗に反する行為
⑼ Instagramの利用規約その他各規定に違反する行為
⑽ その他市が適切でないと判断する行為

第4条(本サービスの提供の停止等)

市は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、応募者に事前に通知することなく本キャンペーンを中断または中止することがあります。なお、本キャンペーンの中断または中止により、応募者が被った不利益または損害について、市は一切の責任を負わないものとします。

⑴ 本サービス実施にかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
⑵ 地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本キャンペーンの実施が困難となった場合
⑶ コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
⑷ 応募に使用するInstagramのサービスが中断または中止した場合
⑸ その他、市が本キャンペーンの実施を困難と判断した場合

第5条(免責)

市は、本キャンペーンに関連して生じた応募者の損害について、市の重大な過失がない限り、一切の責任を負わないものとします。
市は、本キャンペーンに関連して生じた応募者間または応募者と第三者の間におけるトラブルについて一切の責任を負わないものとします。
投稿された内容に肖像権等の第三者の権利侵害があった場合、市は一切の責任を負わないものとします。

第6条(キャンペーン内容の変更等)

市は、応募者に予告することなく、本キャンペーンの内容の一部または全部を変更し、もしくは本サービスの提供を中止することがあります。市は、これによって応募者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第7条(本規約の変更)

市は、必要と判断した場合には、応募者に予告することなく、本規約を変更することができるものとします。

第8条(個人情報の取扱い)

本キャンペーンにあたってご提供いただいた個人情報は、業務委託先への預託以外には、応募者の承諾なく第三者に提供されることはありません。ただし、法令の定めがある場合等を除きます。

本キャンペーンにあたってご提供いただいた個人情報は、以下の目的でのみ使用いたします。
⑴ 当選者への賞品の発送
⑵ 上記に関する連絡
⑶ 商品やサービスの参考とするための個人を特定しない統計情報の形での利用

第10条(当選通知及び連絡)

抽選および当選者発表時、本アカウントをフォローしていない場合、応募は無効となります。
市から応募者に対する通知または連絡は、市の定める方法で行うものとし、当選通知受信後、指定の期限までに商品お届け先情報等のお返事がない場合、当選を無効とさせていただきます。

以上

食品ロスをおいしく減らせる
「食べつくスープ」とは?

さいたま市の食品ロスは
お米の収穫量の2倍!?

さいたま市では、年間約14,000トンの
食品ロスが発生しています。
これは、市内で1年間に収穫される
お米(水稲)7,370トンの約2倍。
そのうち60%は、未開封で手つかずのまま
捨てられてしまった食品でした。

  • さいたま市のお米の収穫量
    さいたま市のお米の収穫量
  • さいたま市の食品ロス発生量
    さいたま市の食品ロス発生量

こんなにたくさんの食品ロス、
とても減らせない‥と思うかもしれませんが、
市民1人1日あたりに換算すると、
約30グラム。お寿司一貫分くらいの重さです。
私たちひとりひとりが少しずつ
ライフスタイルを見直すことで、
食品ロスを限りなくゼロに
近づけることができます。

susi

Saitama Sunday Soup Saitama Sunday Soup
(日曜日は食べつくスープ!)
とは?

さいたま市が目指すのは、
おいしく楽しく、食品ロスを減らせる暮らし。
余った食材は、日曜日の夜にまとめて
スープにして食べつくそうという解決策
「Saitama Sunday Soup
(日曜日は食べつくスープ!)」を
新しいライフスタイルとして発信しています!

susi

食べつくスープでこんないい事!

日曜日、
家族の時間が
あたたまる

家庭料理は、みんなでワイワイ、
ゆっくり時間をかけて食べるのも楽しいもの。
ほっこり、心の中までぬくもります。

冷蔵庫がスッキリ片づいて
気持ちがいい!

残りものや余りものをどんどん投入できる
スープなら、冷蔵庫の片づけにも最適。
日曜日の夜に気分もスッキリします。

スープなら具だくさんで
栄養バランスもいい

一品でいろんな具を食べられるスープなら、
野菜もおいしく食べられます。
栄養バランスに優れ、
お子様にも優しい名案。

インスタで
食べつくスープをチェック!

Saitama Sunday Soup の
Instagram公式アカウントでスープの
レパートリーをチェック!

Saitama Sunday Soup
Instagramアカウントはこちら

食べつくスープ
レシピをご紹介

image
新しい野菜を主役にして、残り野菜で脇を固めるパプリカと残り野菜のミネストローネ
材料(3~4人分) 調理時間30分
パプリカ 1個
たまねぎ 1/2個
にんにく 1かけ
にんじん 1/2本(100g)
残り野菜(トマト、きのこ類、セロリ、キャベツ、小松菜、かぶ、ブロッコリー、かぼちゃ、じゃがいもなど) あわせて700~800g
ベーコン薄切り 3枚(40g)
トマト缶 1缶
小さじ1.5
オリーブオイル 大さじ4
つくり方
  • 1パプリカは縦半分に割り、種をとってから3cm角に切る。たまねぎ、にんじんと他の野菜は1cm角に切る。ベーコンは2cm角に切る。にんにくは半分に切って芽を取り、包丁の刃を寝かせて押しつぶす。
  • 2鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で加熱し、香りがたったらたまねぎを入れて中火で炒め、にんじんを加える。しっかり炒めたら、トマト以外の残りの野菜も順に加えて炒める。塩、水(少し)を加えて10分蒸らす。
  • 3ベーコン、トマト、トマト缶、水800mlを加えて煮立たせてアクをとる。パプリカを入れて火を弱め、20分ほど煮込む。味をみて塩で調節する。※煮込みを30~40分すると、よりおいしく味がなじみます!

susi

その他のレシピはこちら

さいたま市の取り組みをもっと知る さいたま市の取り組みをもっと知る

さいたまチームEAT ALLキャンペーン