さいたま チームEat Allキャンペーン

素敵な賞品が当たる!

食品ロス問題と
チームEat Allについて学んだら
アンケートに答えて
プレゼントキャンペーンに応募しよう!

応募方法・賞品

1

チームEat Allについて知る

チームEat Allについて知る

2

アンケートに答える

アンケートに答える

3

アンケートにお答えいただいた方の中から
抽選で素敵な賞品をプレゼント!

素敵な賞品をプレゼント

さらにWチャンスさらにWチャンス

企業ロゴ
アイルグループ
01img
賞品
アイル米(エコ循環米)5kg
当選人数
5名様
企業ロゴ
イオンリテール株式会社
02img
賞品
さいたま市みんなで健康WAON
当選人数
10名様
企業ロゴ
大宮アルディージャ
03img
賞品
選手サイン入りグッズ
当選人数
10名様
企業ロゴ
株式会社コークッキング
04img
賞品
TABETEオリジナル保冷バッグ
当選人数
3名様
企業ロゴ
生活協同組合コープみらい
05img
賞品
コープのエシカル商品セット
当選人数
5名様
企業ロゴ
コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社
06img
賞品
い・ろ・は・す天然水555mlペットボトル(24本入り)
当選人数
5名様
企業ロゴ
株式会社セブン&アイ・フードシステムズ
07img
賞品
ドリンクバー無料券
当選人数
10名様
企業ロゴ
株式会社ダイエー
08img
賞品
オリジナルエコバッグ
当選人数
20名様
企業ロゴ
東京ガス株式会社
09img
賞品
パッチョオリジナルクッション
当選人数
10名様
企業ロゴ
株式会社東京正直屋
10img
賞品
六彩味最中
当選人数
5名様
企業ロゴ
株式会社常盤堂雷おこし本舗
11img
賞品
上磯部4種ミックス
当選人数
10名様
企業ロゴ
ニチバン株式会社
12img
賞品
ディアキチ™ワザアリ™テープミルキーカラー(テープホルダー付き)
当選人数
10名様
企業ロゴ
ホテルメトロポリタンさいたま新都心
13img
賞品
カフェクロスヤードペアチケット 平日限定パスタセット+キッシュ
当選人数
3名様
企業ロゴ
人間総合科学大学
14img
賞品
書籍「ヒューマン-私たち人類の壮大な物語―」
当選人数
3名様
企業ロゴ
パレスホテル大宮
15img
賞品
カフェレストラン パルテール ペアブッフェお食事券
当選人数
3名様
企業ロゴ
株式会社文明堂東京
16img
賞品
サクラソウカステラ
当選人数
10名様

応募方法

ページ下部の応募フォームよりご応募ください。

◆応募締切 2020年11月30日まで
◆応募資格 さいたま市民の方
※賞品のお届け先はさいたま市内に限ります。
★Webサイトから応募した方(先着10万名様)には、「KURADASHI」で使える500円クーポンをプレゼント!
 (応募完了後に自動送信されるメールにクーポンコードを記載)

◆注意事項
  • ●応募は、おひとり様1回限りとさせていただきます。
  • ●当選者の発表は、発送をもって代えさせていただきます。
  • ●当選者の抽選・賞品の発送は、2021年2月を予定しています。
  • ●賞品のお届け日の指定はできません。
  • ●賞品内容は変更される場合があります。

当キャンペーンにおける
個人情報の取り扱いについて

当キャンペーンへの応募を通じて応募者様からご提供いただきました個人情報は、賞品の抽選・発送、本件に関する諸連絡及び事業の参考とするため個人を特定しない統計情報の形で利用させていただきます。なお、業務委託先への預託以外には、応募者の承諾なく第三者に開示・提供することはいたしません(法令等により開示を求められた場合を除く)。
以上の個人情報の取り扱いについてご同意の上、ご応募ください。当キャンペーンへのご応募をもって、個人情報の利用目的へ同意したものとみなさせていただきます。

【お問い合わせ】

TEL:048-829-1338
FAX:048-829-1991
(さいたま市資源循環政策課)
E-mail: shigen-junkan@city.saitama.lg.jp

チームEat Allとは?

「チームEat All」は、さいたま市と
食品関連の事業者でつくる「チーム」。
チームで連携・協力しながら、
みんなで・ぜんぶおいしく食べきって、
食品ロスを出さない社会を
つくることを目指しています!

Eat All

食品ロスの現状

世界では年間約13億トンの
食料廃棄が発生しています。
これは、人が消費するために生産された
食料のおよそ3分の1に相当する量。
食品ロス削減は「持続可能な開発目標(SDGs)」において目標のひとつに定められ、
世界全体で解決すべき課題となっています。

日本では令和元年10月に
「食品ロスの削減の推進に関する法律」が
施行されました。
市や事業者、消費者などが連携し、
食品ロス削減に取り組むことを推進しています。

※2015年9月、国連の「持続可能な開発サミット」で採択された国際目標。

  • さいたま市のお米の収穫量

事業系食品ロスが全体の半分

日本全体の食品ロスは年間612万トン※。
そのうち約半分は家庭から出たものですが、
残り半分を占めるのは飲食店での食べ残しや
お店・工場における売れ残り・
規格外品などの「事業系食品ロス」です。

「チームEat All」の参加事業者は、
食品ロスを減らすために
様々な取り組みを行っています。
なかには、市民の皆さまが
消費者として参加できるものも。
事業者の様々な取り組みを知って、参加して。
一歩進んだ食品ロス削減を実践してみませんか?

  • 日本の食品ロス発生量内訳単位:万トン
    日本の食品ロス発生量内訳

    ※平成29年度推計(農林水産省・環境省)

チームEat All参加事業者と取り組み紹介

食品ロスの削減を推進するために、
事業者が行っている活動をご紹介します。
持続可能な社会の実現のため、
地球環境も経済成長も両立した
取り組みを継続して
行っていくことが大切です。

logoアイルグループ
◆取組内容
●食べきり運動促進
●リサイクルループの構築
●3R活動の促進
実施場所:埼玉県内
logoイオンリテール株式会社
◆取組内容
●お客さまに必要な分だけお買いいただくため、計り売り、少量パックでの販売の推進。
●10月3R推進月間の取組として、残り物、作り置きの上手な保存の呼びかけとPB保存容器の展開。
3Rキャンペーン店内アナウンス放送(10/1~10/31)
実施場所:市内6店舗
logo大宮アルディージャ
◆取組内容
●大宮アルディージャホームゲームにおける啓発活動など
実施場所:大宮アルディージャ ホームゲーム会場
クラブ公式Webサイト(https://www.ardija.co.jp/
logo株式会社クラダシ
◆取組内容
●社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI(https://www.kuradashi.jp/)」、「オフィスdeクラダシ」を運営。
◆KURADASHI:食品ロス削減への賛同メーカーより協賛価格で提供を受けた商品を販売し、売り上げの一部を社会貢献団体へ寄付。
◆オフィスdeクラダシ:食品ロス削減に貢献できる商品を取りそろえたオフィススナックを提供。
実施場所:上記ウェブサイトのほか、「ホームズ浦和南店」、「ホームズ与野店」、「ホームズ宮原店」でも購入できます。
logo株式会社コークッキング
◆取組内容
●フードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」を運営。飲食店や小売店が、廃棄の危機にある商品を1つから出品できます。ユーザーはアプリから商品を購入した後、店頭にて商品を受け取ることができます。
実施場所:市内飲食店(TABETEのアプリで確認できます)
logo生活協同組合コープみらい
◆取組内容
●フードドライブを実施
●店舗や宅配などで、規格外農産物の取り扱いをしています。
●地域の幅広い世代のみなさんが食や環境に興味を持つきっかけ作りとして、出前講座を実施しています。
実施場所:コープみらいの店舗や宅配など
logoコカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社
◆取組内容
●私たちは日本で最初のフードバンク団体であるセカンドハーベスト・ジャパン(公益財団法人 日本フードバンク連盟加盟)や一般社団法人全国フードバンク推進協議会などの団体とパートナーシップを結び、製品寄贈を行う取り組みを進めています。
●また、日本のコカ・コーラシステムとして掲げている廃棄物ゼロ社会(World Without Waste)の実現を目指し、使用済みPETボトルを新品のPETボトルに生まれ変わらせる「ボトルtoボトル」リサイクル活動に力を入れています。
●こうした製品寄贈、容器のリサイクルを通じて、食品ロス及び廃棄物の削減を実現し、社会問題や地域課題の解決に少しでも寄与していければと考えております。
実施場所:さいたま市内
logo国際学院埼玉短期大学
◆取組内容
●卒業研究ゼミで食べきりレシピを考案。
●学園祭「五峯祭」では、食べきり推進とともに、エコふりかけの活用や、さいたま市のフードドライブの取り組みにも協力。
●実習授業で作成した料理等は、基本的に残さず食べきるように指導しています。
●講習会等の生鮮食品は、極力余らないように発注。残った場合には、食べきりを推進しています。
実施場所:国際学院埼玉短期大学 健康栄養学科
logo株式会社セブン&アイ・フードシステムズ(デニーズ)
◆取組内容
●メニューブックやお子様向け冊子による食べきり啓発活動を実施。
●リサイクルの推進(令和元年55%)、リサイクルループの構築。
●発注予測システムと自動発注による発生抑制の仕組みづくり。
実施場所:市内6店舗
logo株式会社セブン‐イレブン・ジャパン埼玉地区事務所
◆取組内容
●食べ切りや長期保存に配慮した商品開発を実施。
●閉店・改装時に発生する在庫商品の一部を埼玉県社会福祉協議会へ寄付。
●食品廃棄物の飼料化・肥料化を実施。
実施場所:市内217店舗
logo株式会社ダイエー
◆取組内容
●SDGsの活動の一環として、食品ロス削減に努めています。
●市内全店とも毎月第3月曜日から翌日曜日までの1週間、フードドライブを実施しています。※回収時間は店舗によって異なる。
●商品が売れ残ることのないよう、仕入、製造の管理をしています。
実施場所:市内各店舗の売場
logo東京ガス株式会社埼玉支社
◆取組内容
●社会貢献型ショッピングサイト「junijuni sponsored by TOKYOGAS(https://www.junijuni.jp)」を通して食品ロス削減に取り組んでいます。
●食品ロスを出さない調理方法などを学ぶ「はじめよう!エコ・クッキング※」を小・中学校対象に出張授業を実施しています。
※エコ・クッキングは東京ガス株式会社の登録商標です。
実施場所:上記junijuniサイト、東京ガス学校教育情報センターが各学校にて
logo株式会社ポプラ、株式会社東京正直屋
◆取組内容
●「生活彩家さいたま市役所店」では、食品ロス削減を目的としたクーポンアプリ『No Food Loss』を導入。
※『NoFoodLoss』は販売期限や季節限定パッケージ等の理由で、まだ食べることができるのにやむなく廃棄する食品を値引きクーポンでオトクにお買い物ができるシステムです。
実施場所:生活彩家さいたま市役所店
logo株式会社常盤堂雷おこし本舗
◆取組内容
●規格外品の販売(大宮工場併設売店にて)
●食品廃棄物の飼料化
●フードドライブの実施
実施場所:大宮工場売店
logoニチバン株式会社
◆取組内容
●粘着テープの使用による食品ロス削減に向けた取り組み(食品の袋の封止めだけでなく、食材の購入日や調理日、消費期限などをテープに記入し、ラベルとして使用することで食品ロスを防止する提案)
実施場所:さいたま市内 小売店での食品ロス削減の訴求
logoホテルメトロポリタン さいたま新都心
◆取組内容
●朝食ビュッフェで用意しすぎてしまった食材を再加熱して味を入れ直し、地産の卵(彩たまご)を使用したキッシュにして提供しております。
実施場所:ホテルメトロポリタン さいたま新都心 カフェクロスヤード
logo人間総合科学大学
◆取組内容
●健康栄養学科、ヘルスフードサイエンス学科の学生が「エコ・クッキング」レシピを開発。
●学食での食品ロス削減(「食べ残し削減を呼びかける張り紙」など)
●食品ロス削減の公開講座
●全国の高校生対象に「食のアイデアコンテスト」を実施。課題解決部門の中で「家庭で食品ロスを減らすには」というテーマからレシピを公募。
実施場所:人間総合科学大学 人間科学部(蓮田キャンパス)
logo株式会社パレスエンタープライズ
◆取組内容
●ホテルから出た残菜を生ゴミ処理機で有機肥料にし、その肥料をさいたま市の契約農家が使用して野菜を育て、その野菜をホテルの宴会場及びレストランで使用するという完全リサイクル化に取り組んでいます。また、この肥料は「エコパレス」として販売しています。
●ロールケーキの端っこの切り落としをまとめて、パック詰めし販売。
実施場所:パレスホテル大宮
logo株式会社文明堂東京浦和工場
◆取組内容
●規格に合致せず、通常品として販売できない製品も廃棄処理せず、工場併設店舗にて格安にて販売。
●製造工程上発生した製品として使用できない部位は、飼料として契約企業様へ引き取っていただいています。
実施場所:文明堂さいたまあおぞら工房(さいたま市桜区在家)

アンケートに答える

(キャンペーンに応募する)

下記の応募フォームの食品ロスに関する
アンケートにお答えいただいた方の中から
抽選で素敵な賞品を
プレゼントいたします!

応募フォームはこちら

さいたま市の取り組みをもっと知る さいたま市の取り組みをもっと知る

食べつくスープキャンペーン